読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緊急取調室第2シーズン第2話の結末!靴下の真実

緊急取調室2、第2話では取調室で現役警察官による立てこもりが発生しました。それに現役の医師が殺人に問われています。 この事件が起きるまでには15年の伏線がありました。 sponsored link // 緊急取調室第2シーズン第2話の結末 糸山がスイッチを切ったのも…

緊急取調室第2シーズン第1話ネタバレと感想と結末!ゲストは三田佳子

天海祐希さん主演のドラマ「緊急取調室」の第2シーズンが始まりました。初回のゲストは三田佳子さんで、すごい迫力でした。 sponsored link // 緊急取調室第2シーズン第1話あらすじ 宅配便の配達員・小牧修介、28歳が配送車の中で傘を広げて死亡していた。傍…

宮部みゆき「楽園」原作小説のラスト結末!サイコメトラーとは

宮部みゆきさんの「楽園」は、長編小説である。「模倣犯」の続編という側面もある。 模倣犯の事件から9年が過ぎ、まだそのショックから立ち直れていない前畑滋子が主人公。 いわゆるサイコメトラーであったかどうかの確認という依頼が、知られざる事件の真相…

朝井リョウ「何者」原作小説のラスト結末!あなたに襲いかかる物語とは

朝井リョウさんの「何者」は2012年下半期の2013年1月発表の直木賞作品でした。当時の朝井リョウさんは23歳で、男性としては最年少受賞者でした。文庫版の裏表紙によると、「ラスト30ページ、物語があなたに襲いかかるー。」とあるので、楽しみに最初から順番…

湊かなえ「少女」原作小説の結末!映画との違いは

湊かなえさんの小説「少女」は2009年に発表されました。女子高生の話ですが、原作小説の結末はかなり衝撃的です。「因果応報」がやってきます。小説は遺書から始まって遺書に終わります。最後は張られていた伏線がきれいにはまってイッツアスモールワールド…

湊かなえ「望郷」より「雲の糸」原作小説の結末!蜘蛛ではない理由

クモノイトという音から連想するのは、あの古典「蜘蛛の糸」であるが、湊かなえさんの小説「望郷」の中には「雲の糸」という短編がある。 この物語の中の雲の糸とは何か。そして結末は。 sponsored link // 「雲の糸」の結末 黒崎ヒロタカは目覚めた時に病院…

「海の星」原作小説の結末!湊かなえ「望郷」より ドラマはどうなった

「海の星」は、湊かなえさんの短編集「望郷」の中でいちばん心に残った。テレビ東京でドラマ化されるという。 小アジ、口に残る小骨、釣り、失踪した父と母とおっさん。洋平はちゃんとした大人になっていた。苦い思い出を抱えていたのだけれど。 sponsored l…

湊かなえ「望郷」より「みかんの花」原作小説の結末と感想

「望郷」を読みました。「望郷」は瀬戸内海のある島を舞台にしたお話です。 1話目は「みかんの花」というタイトルでみかん畑が出てくるお話でした。主人公の姉は高校在学中のある日、島を出て行ってしまってその25年後から話が始まる。 sponsored link // み…

有川浩「植物図鑑」原作小説と映画は設定が違う?登場する植物と料理について

有川浩さん作のライトノベル「植物図鑑」は図鑑といったタイトルとはうらはらにとても甘い気持ちになる小説です。映画の予告編を見たのですが、イメージはぴったり。甘くなつかしい胸キュン感が漂っていて、思わず微笑んでしまいます。でも少し設定が違うよ…

川村元気「世界から猫が消えたなら」原作小説の結末と猫と映画の猫

川村元気さん原作の小説「世界から猫が消えたなら」の映画が公開されますね。 小説は、LINE小説から大ヒットした作品で、2013年には本屋大賞。2016年にはついに映画の公開となりました。 映画の予告編を見ると、わたしのイメージしてた街の様子や猫のイメー…

横山秀夫「64」ロクヨン原作小説の結末!モデルとなった実話の犯人は何を思うのか

横山秀夫さんの小説「64」(ロクヨン)が、映画でこのゴールデンウィークに公開されます。NHKでは2015年に連続ドラマになりました。 原作である横山秀夫さんの小説は、「D県警シリーズ」の第4作目。実に読み応えのある長編小説です。 「64」には、モデルとな…

東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」原作小説とドラマの結末が・・・・違う

「カッコウっていう鳥は、ほかの種類の鳥の巣に自分の卵を産むそうだ。モズとかホオジロとかのさ。そうして、雛を育てさせる。知ってるかい?」p.366 東野圭吾さんの「カッコウの卵は誰のもの」は、風見(かざみ)という才能あるスキー選手をカッコウの卵に…

雫井脩介「火の粉」の結末!ドラマとの比較してみました

雫井脩介さんは、大好きな作家さんです。 ユースケ・サンタマリアさん主演で、現在放送中のドラマ「火の粉」の原作は、雫井脩介さんの同名サスペンス小説。 その結末は、ハッピーエンドなのか不条理なものなのか。感想は分かれるところか・・・。 ドラマは大…